そよ子の頭の中。

2018年に娘が紫斑病性腎炎と診断されました。カクテル療法を終えて、経過観察中。娘の病気のことと趣味の手芸についてのブログです。

心の準備が…

少し前から気づいていたんだけど…

娘の糸切り歯、乳歯に被さるように永久歯が生えてきていた。

抜けない乳歯。永久歯をおんぶしたまま。

 

こりゃ虫歯になったらあかん!!

と歯医者に予約を入れる。

 

先生の診察で

「これは引っかかってるね。雑菌が繁殖したら厄介だから取った方がいい。それでいいですよね?」

と。

 

ん?

今、抜くの??

 

「先生、今日取るってことですか?

この子、持病があってステロイド免疫抑制剤を1年前まで内服していたんですが」

 

娘に動揺していることを気づかれないように言葉を濁して言ったけど

 

「ん?免疫抑制剤を飲んでいるなら化膿しないように気をつけて見ていかないといけないね。でもかなり前に内服は終わったんだよね?大丈夫ですよ。」

 

「小児科の主治医に、歯医者さんにかかるときはこういう薬を飲んでいましたと伝えて と言われていたのでお話しましたが問題ないんですね…

それじゃ、お願いします…」

 

麻酔かけるのかなぁ。

麻酔も痛いしなぁ。

本人、理解してないけど後で怒るだろうなぁ。

 

色々な考えが頭の中をぐるぐる回っていたら

先生、娘の歯を掴んで

「じゃ、いきますよ。

 はい、取れた!!

 

……(ΦдΦ)???

え?No麻酔?

しかももう終わり?

 

ボーゼンとする私に

「いやー、お母さん、いいタイミングで取りましたね♪」

 

いや、タイミングも何も…

ビックリしすぎて私は魂抜けた。

娘もビックリしていたけど止血用の綿を噛まされて喋ることもできず。

 

こうして娘の初抜歯、終わりました。

痛みは全くないようで

「歯がなくて違和感しかないー!

 でもスッキリー♪」

ですって。

化膿することもなく順調です。